ロボアドバイザーってどうなの?という話

今回は、ロボアドバイザーについての私見を述べていきたいと思います。

ロボアドバイザーとは、属性情報と簡単な質問に答えることでAIが適切な資産配分で投資を行ってくれるというサービスです。

資産配分した結果の投資先は株や債権、ゴールド等なので、厳密に言うとロボアドバイザー自体は金融商品ではないのですが、投資手段の選択という意味で選択肢に入っていました。

 

代表的なロボアドバイザーにはWealthNaviTHEOがあり、普段利用しているSBI証券がWealthNaviと提携していることから、私はWealthNaviをメインの選択肢として考えていました。

WealthNaviとTHEOを比較してみたことはありますが、運用実績や手数料の面から見ても一長一短で、どちらが明確に有利というのはありませんでしたね。

運用思想や他サービスとの連携性から選べば良いかと思います。

 

さて、このWealthNaviですが、リスク許容度を1~5から選び、それに従った資産配分で運用を行ってくれます。選んだリスク許容度で運用した場合の予想利回りを最高、平均、最低と示してくれるので、実際に入金するかどうかは別としても、投資方針を考えるにあたって一度見てみるのも良いかもしれません。

リスク許容度を選んで資産配分や予想利回りを見る段階までは会員登録をする必要もありませんからね。

実際、私はこのWealthNaviの資産配分と予想利回りを見て利用しようか迷ったのですが、手数料という問題に当たって止めてしまいました。

WealthNaviの手数料って、運用資産額の1%なんですよね。

投資にあたって、1%というのは非常に大きな率です。この率で手数料を持っていかれてしまうと、自動で適切に投資を行ってくれるといってもやや魅力に欠けるなぁ…というのが本音です。

もちろん、少額でも様々な資産に分散してくれたり、一定期間ごとに無料で資産を再配分して適正化してくれたり、税金が少なくなるような節税機能があったりと、人によっては1%という手数料を払う価値があると思います。

特に、日々忙しくて投資のことを考えている暇がないとか、自分であれこれ考えるのが煩わしいとか、そういった人にはうってつけかと思います。手間のほぼ掛からない自動積立でインデックス投資にしても、どのインデックスにするのか等を少し考える必要はありますから。

私も、手数料がもう少し安くなったらロボアドバイザーを利用するのも良いかもな…と考えているところです。0.3%ぐらいまで下がらないかな?

 

今回は、ロボアドバイザー、特にWealthNaviについて私見を述べました。

今後の手数料や運用実績に注目ですね。

 

それではまた次回。