投資方針の話

思っていたとおり前回の投稿から時間が空いてしまいました。

まぁ張り切りすぎても飽きてしまいますし、出来るペースでやっていきます。

 

さて今回は投資方針の話です。

私は毎月得られる給料から定額を投資に回しています。

 

現在は投資信託がメインで、比率は

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)…80%

・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)…20%

としています。

 

まずeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)ですが、これはS&P500という株価指数に連動した投資信託で、簡単に言ってしまえばアメリカが経済成長すれば利益を得られるというものです。 

巷では鉄板の米国インデックス投資と言われているやつですね。

詳しいことはまた後日の記事ネタにする(予定)ので割愛しますが、投資を行っている多くの人と同様に、私もアメリカがこれからも経済成長を続け、利益が得られると考えて購入しています。

 

次にeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)ですが、

・国内株式

・先進国株式

・新興国株式

・国内債券

・先進国債券

・新興国債券

・国内REIT

・先進国REIT

の8項目に対して均等額、つまり12.5%ずつ投資するというものです。

ちなみに、REITというのはざっくり言えってしまえば不動産ですね。

これを選んだのは地域と投資商品を分ける分散投資を1つの商品で手軽に行えるからです。

資産を同じ商品に全て突っ込むのはリスクが大きく、避けねばならないとよく言われます。

が、そうは言っても面倒だなぁ…と思ってしまうのが人の常。

自分も含めてそういう人はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のように勝手に資産を分散してくれる商品を買えばよいのです。

ここ数週間起きている世界的な株価の下落でS&P500もかなり下落しているのに比べて、こちらの8資産均等は下落幅が小さくなっています。

こういう局面になると分散して良かったなぁと実感します。

 

他には積立FXとして毎月レバレッジ3倍で1万円を

・USドル…40%

・AUドル…30%

・NZドル…30%

の比率で投資しています。

こちらは半分興味本位で「外貨預金代わりにどうだろうか?」と思って始めたのがきっかけです。

レバレッジをかけているので外貨預金よりも利子が多くつくのが魅力ですが、為替が動いたときの変動も大きくなるのが厄介です。

この記事の執筆時点では3%ほどマイナス、といったところでしょうか。

 

どの商品も長期保有することを前提としているので、長い目で見ていこうと思います。

それではまた次回。